一般社団法人 愛媛県冷凍空調設備工業会
講習会

沿革


●県の鳥「こまどり」
愛媛県冷凍空調設備工業会の沿革
昭和47年 4月
愛媛県冷凍空調設備工業協会として設立
初代会長 佐々木 勇氏 (三和ダイヤ工業株式会社)就任 
社団法人 日本冷凍空調設備工業連合会に加入
会員 36社
昭和49年
技能検定実技試験の実施を開始
昭和51年 2月 第2代会長 桐本 庄三氏 (四国ダイキン空調株式会社)就任
会員 52社
昭和52年 2月 愛媛県冷凍空調設備工業会と改称
昭和53年 2月 第3代会長 村上 正篤氏 (株式会社 有真)就任
会員 51社
昭和53年 4月 技術講習会等の開始
昭和53年10月 技能士会の設立 会員43名
平成11年 4月 愛媛冷媒回収促進センター 設置
平成11年 7月 中予、東予、南予回収冷媒管理センター 設置
平成12年 8月 今治回収冷媒管理センター 設置
平成14年 2月 第4代会長 冨士原 武氏 (株式会社 冨士原冷機)就任
現在に至る
平成16年11月 回収フロン蒸留再生施設 稼働
平成24年4月 第5代会長 山下 知憲氏 (ウワジマ空調株式会社)就任
現在に至る
平成27年3月 会員 68社
The Ehime Refrigeration and Air Conditioning Industry Association